Archive Page 2

偉大な男性歌手のジャイール・ホドリゲス(Jair Rodrigeus)が75歳で永眠

60年代から勢力的な活動を続けてきた男性歌手の

ジャイール・ホドリゲス(Jair Rodrigeus)がサンパウロ州コチア市にある自宅のサウナで、5/8、心筋梗塞で他界した。75歳だった。

 

彼の妻のクロジーネは日系3世で、ジャイールも日本好きとして知られていた。

今年リリースされた、息子のジャイール・オリヴェイラ(Jair Oliveira)のプロデュースで制作された2枚組のアルバム『Samba Mesmo, Vol. 1 e 2』が遺作となった。

まだまだ元気に活動を続けていた中、突然の訃報だ。

 

我々トゥピニキーン・エンターテイメントの社員一同も、ブラジル音楽界に歴史を刻み続けた偉大な歌手に、心からのご冥福をお祈り致します。

広告

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)来日中! 明日金曜から4日間(日曜休演、火曜まで)、ブルーノート東京で公演

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)が来日中!!!
明日18日(金)からブルーノート東京に出演します。

MARCOS VALLE & STACEY KENT featuring JIM TOMLINSON

Marcos Valle_2014

 

ボサノヴァ第二世代の旗手としてデビューしてから50年記念アルバムを携えて“ジャズ・ソング・バード”と来日

マルコス・ヴァーリ(vo,key,g) &ステイシー・ケント(vo,g)  featuring ジム・トムリンソン(sax)

2014 4.18 fri. – 4.22 tue.

4.18 fri., 4.21 mon. – 4.22 tue.
 [1st]Open5:30pm Start7:00pm [2nd]Open8:45pm Start9:30pm

4.19 sat.
 [1st]Open3:45pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

ブラジルが世界に誇る“グルーヴ・マスター”と、コスモポリタン的な活動を続ける“ジャズ・ソングバード”が日本で出会う。「サマー・サンバ」など数多くの名曲を送り出したマルコス・ヴァーリと、クリント・イーストウッドやカズオ・イシグロからも賞賛を受ける女性歌手ステイシー・ケントのコラボレーションだ。マルコスは’64年にアルバム・デビュー。早くからブラジル音楽と欧米のポピュラー音楽の融合に取り組み、クラブ・ミュージック・シーンにも大きな影響を与えている。ステイシーは2009年にフランス芸術文化勲章を受章。ブラジルでの人気も絶大で、コンサートには百万人ものオーディエンスがつめかけたという。マルコスのデビュー50周年作品『AO VIVO』でも息のあった共演を聴かせたふたり。最高に心暖まるアニヴァーサリー・ライヴを楽しみにしたい。

4月26日(土)〜6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の大コレクション展

ポスター

4月26日(土)~6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の展示会「陽光の大地 ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール」が開催されます。

陽光の大地
ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール
~兵庫県立美術館所蔵 リカルド・タケシ・赤川コレクションを中心に~

サンパウロ在住の現代美術のコレクター、リカルド・タケシ・赤川氏により兵庫県立美術館に寄贈されたコレクションを中心に、ブラジルの日系人画家の活動に迫る展覧会です。

大正時代にブラジルに渡った半田知雄をはじめ、大竹富江、間部学らブラジルにおいて敬愛される画家たち、そして戦後に移住した豊田豊など、42名の作家による62点が展示されます。それに加え、ブラジル生まれの新世代を代表する大岩オスカールに焦点を当て、国内に所蔵される作品を加えて展示を行います。

展覧会は40人余の日系人画家と65点の作品からなっています。ブラジル移民で初めて芸術活動に専念したといわれる半田知雄から、世界的作家の間部学そして現在 ニューヨーク等で活躍する日系3世オスカール大岩まで、リカルド・タケシ・赤川氏のコレクションは、時代と作家をほぼ網羅した他に類を見ないものと言われています。日系ブラ ジル人画家の作品はブラジル現代美術の歴史の一部を代表してきました。

サッカーやサンバ、カーニヴァルなど熱狂的なイメージの強いブラジルですが、太陽の光が降り注ぐブラジルの大地に魅せられた日系人画家の仕事を顧みると同時に、遠くて近い両国の関係や相互の文化的理解に繋げることのできる貴重なこの展覧会を、ぜひお見逃しなく。

────────────────────────────────────────────────

チラシ_0412

5月11(日)には、東京から本展覧会へ大型バスで向かうバス・ツアー「『陽光の大地へ、バス・ツアー』 ~群馬県立館林美術館へ、ブラジルの日系人画家たちの作品展を見に行こう! ~」があります。

途中に館林市のすぐ近くの大泉町のレストラン/ショッピング・センターに寄ったり、5月11日(日)のみ、在ブラジルのドキュメンタリー作家・岡村淳が、本展覧会でも作品が展示されているブラジル現代美術の重要画家の大竹富江氏に迫ったドキュメンタリー映画『京 サンパウロ/移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華』を上映するトークイベントがあるなど、内容盛り沢山のバス・ツアーです。

 

バスツアーについて詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/710860762304528/
http://bustournippaku.jimdo.com/

ブラジル映画『聖者の午後(原題:CORES)』、渋谷ユーロスペース上映中!

静かなブラジル。フットボールのないブラジル。
サンバもボサノバもないブラジル。無為なブラジル。
その日常は、希望も絶望も断たれた日本の若者のそれと、驚くほど似ている。
これこそが、世界から捨てられた人々の実像なのだ。
星野智幸(作家/「俺俺」「ファンタジスタ」ほか)

────────────────────────

渋谷ユーロスペースで、Action Inc.さん配給によるブラジル映画『聖者の午後(原題:CORES)』が上映中です。
■『聖者の午後』予告編

あらすじ:

テレビでは、ブラジルを希望の大国にしたと言われるルーラ前大統領が誇らしげに宣言する。「私たちは低迷期を脱しました」経済成長に伴い、失業率も減った、と。2014年のサッカーW杯、2016年のオリンピック開催地として、めまぐるしく変化するブラジル。その経済発展の中心、サンパウロ(聖市)の周縁で生きる80年代生まれの男女3人。年金暮らしの祖母の家に住み、客が来ないタトゥショップを開いているルカ(31歳)、あと2週間で解雇されるルイス(29歳)、旅することを夢みながら、熱帯魚店で働くルイスの恋人、ルアラ(30歳)。

週末になると、3人はルカの家で、ビールを飲みながら、ただ、目の前を通り過ぎて行く時間を共にする。嫌な上司でも文句が言えないと嘆くルイス、ポラロイド写真を撮るルアラ、祖父の銃を2人に見せるルカ…。祖母と共に、4人で海に行けば、車が故障して高い修理代を分割で払う羽目になり(ルカ)、上司を脅して分け前をとったと思えば、逆に脅され(ルイス)、夢を見られるか、と男の誘いに乗れば当てがはずれ(ルアラ)、と何をしてもうまくいかない3人。

そんな中、ルカの祖母が入院し、ルイスは暴行され、サンパウロは嵐に見舞われる。
どこにも行き場がなく、「死ぬよりも生きる方が怖い」と感じる日常、嵐になれば脆弱なインフラが、どこまでも崩れて行く大都市。外から見える華やかな発展とは裏腹な現実。それでも3人は生きて行く。どこへ向かうか分からなくても、たとえ、亀のようにのろい歩みであっても…。

────────────────────────

3/29(土)から公開がすでに始まっていて、多くの映画レビューで好意的に取り上げられています。

例えば、発売中の月刊ラティーナ14年4月号には、ブラジル文化も専門の輪島裕介氏による思慮深い映画レビューが掲載されていますし、

ネットで読めるものでも、

長屋美保氏による映画レビュー、

http://tabizine.jp/2014/03/23/7663/

花まるシネマの映画レビュー、

http://www.47news.jp/topics/entertainment/2014/03/post_6688.php

今週末見るべき映画、

http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1395909234123/

など色々出ています。

 

それぞれ、筆圧の高い文章ですが、この映画は観賞後に観た人の中に何かを残していく映画です。

かく言う、私も、本作『聖者の午後』の試写を観させてもらった後に、サンパウロのヒップホップのシーンを代表するクリオーロ(Criolo)とエミシーダ(Emicida)についての記事を月刊ラティーナ(3月号)に書くことになり、双方の表現の仕方は大いに異なってはいるが、この映画と彼らの音楽に共通してサンパウロの街や現代のブラジルの「浮かれてなんかいない若者の声」を感じて、そういう声を紹介することに重点を置いて記事を書いた。妙なタイミングで『聖者の午後』という映画を観られたことに、不思議な縁を感じていた。もし、この映画を観て感じるものがあった人は、私にとってそのリアクションとなった月刊ラティーナ14年3月号の「クリオーロとエミシーダ」記事を読んでいただけたら幸い。
最後に、いい機会なので、そのクリオーロとエミシーダがそれぞれ新しいPVと新曲を発表したので紹介したい。

 

●Criolo 短編映像作品”Duas de Cinco + Cóccix-ência”

SF的な世界だが、舞台は30年後のサンパウロ…

 

●Emicida Feat: Rael – Obrigado, Darcy! (O Brasil que vai além)

タイトルの「Darcy」は『Povo Braisileiro』などの著作があるブラジルの歴史学者/社会学者のダルシー・ヒベイロ(Darcy Ribeiro)のことだ。
────────────────────────

1966286_214667835396646_494203845_o

1913225_214667692063327_36167026_o

■『聖者の午後』■

映画HP:http://www.action-peli.com/cores/index.html

映画Facebook:https://www.facebook.com/CoresJapan

(文責:花田)

 

「BRARIO TV」スタート!!! 4月2日(水)20:00〜

brario_site_yo

ブラジル情報サイトBRARIO がお届けするブラジル情報番組「BRARIO TV」が、Ustream でスタートします。日本語とポルトガル語が飛び交うブラジル情報語学バラエティー番組です。

初回放送は日本のブラジルBIGイベントを特集ということです。

4月2日(水)20:00~20:45

 

番組の情報をお届け!!

■公式twitter (https://www.twitter.com/brariotv)
■公式facebook (https://www.facebook.com/brariotv)
────────────────────────────────────────

ブラリオTVとは??

■MC

ウェルトン(Welton Minato)
カウアン(Kauan Andriatti)

ブラジル生まれのパワフルでチャーミングな二人が番組をナビゲート!!

■番組内容

【ニュース】【暮らし】【文 化】【音楽・映画・書籍】【スポーツ】【観 光】【グルメ】【言 葉】【ビューティー】【バラエティ】など、 様々なジャンルで企画満載!!何がおこるかわからない60分!!

■番組のポイント

その1.Ustreamで、世界中に日本のブラジル文化や日本の文化をPR!
その2.会話は日本語とポルトガル語の二ヶ国をMIX!日常会話はこれで勉強だ!
その3.ブラジルをキーワードに様々なゲストが登場。ブラジルカルチャーを語る!
その4.イベント告知やライブ告知、イベント直前特集など、気になる情報をお届け!

■オンエア予定日(水曜日 20時~21時)

4月2日・9日・23日/5月14日・28日/6月11日・25日 …..

 

■公式twitter (https://www.twitter.com/brariotv)
■公式facebook (https://www.facebook.com/brariotv)

『歌え、マリア(Canta Maria)』DVD発売!

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

3/14(金) 開催迫る!『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』上映&Saigenjiミニライブ&トークショー

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

Tupi Recordsから新作DVD『歌え、マリア(Canta Maria)』が全国発売開始

OdQJvFRveF

カンガゼイロと呼ばれる盗賊団がはびこった1930年代、ブラジルのノルデスチ(北東部)の町を舞台にしたラブストーリーです。

ブラジル北東部の文化、歴史が好きな方から、情念がほとばしる恋愛ドラマがお好きな方まで(!)楽しめる作品です。

映画に登場する架空の町を作り上げるために、エグゼクティブ・プロデューサーのマルセロ・トーレスは、パライーバ州とペルナンブコ州を映画のロケ地に決定するまで、ブラジル北東部を7,000 km近くも奔走したんだとか。撮影のほとんどはカバセイラスという町で行われたのですが、1930年代の時代背景を再現するため、プロデューサーたちはアスファルトをすべて土で覆い、街灯やテレビのアンテナ、電線を取り払い、さらに家々のペンキも塗りなおしたそうです。

原作は巨匠、フランシスコ・J・C・ダンタスの小説『Os Desvalidos』ですが、映画のタイトルは『歌え、マリア(Canta Maria)』に変更されています。これは、ダニエラ・メルクリと彼女の息子、ガブリエル・ポヴォアスによってこの作品のために書き下ろされたオリジナル曲の歌詞から引用されました。

丹念に作りこまれた1930年代のブラジル北東部の風景、そして胸に迫る登場人物たちの葛藤は必見です!!!

購入はこちらからどうぞ!

————————————————
『歌え、マリア(Canta Maria)』
血で血を洗う時代に
愛と嫉妬に狂う2人の男。
愛の炎の交わる場所は
戦場よりも危険だ。

————————————————

《作品解説》

二人の男と一人の女が織りなす愛の物語。作品の舞台は、カンガセイロと呼ばれた盗賊団の中で最も恐れられていたランピオンが活躍した、1930年代のブラジル北東部。ランピオンとその一味が軍の特別部隊に追われ、血を血で洗う闘争が繰り広げられていた時代だ。この戦禍に巻き込まれたマリアは、家族を皆殺しにされ天涯孤独の身となってしまう。

若い革細工職人のコリオラノは、身寄りをなくしたマリアを、叔父で馬の調教師のフィリッペの家に連れて帰る。三人で暮らすうちに、マリアはフィリッペと恋に落ちる。
しかし同じ家に住むマリアに対し、コリオラノの胸には秘かな恋慕の情が生まれていた。こうして三人の関係がこじれ始める。嫉妬にかられたフィリッペはマリアとの結婚を解消、甥との関係も断ち切ってしまう。シンプルにして丹念に作られた本作は、愛と償い、そして幸福とは何かを語りかける。
foto_Luciana_Figueiredo_9

フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル監督の20年ぶりの新作となる『歌え、マリア』は、監督が熱い思いを込めて撮った作品だ。ブラジルでは、1960年代に国家の改革とブラジル北東部の救済を求めて多くの若者が政治運動を起こしたが、彼もその運動に参加した一人だったからだ。「映画監督の仕事を始めてからずっと、ブラジル北東部の文化や文学を見つめ続けてきたんだ。私が70年代初めに撮った初の35ミリ作品も、ブラジル映画にみるカンガセイロ(盗賊団)についてのドキュメンタリーだった。」と彼は話す。

foto_Luciana_Figueiredo_13
『歌え、マリア』の原作は、セルジッペ州出身の作家フランシスコ・J・C・ダンタスの『Os Desvalidos』だ。この小説はカンガセイロがはびこった時代を背景としているが、カンガセイロそのものをテーマとしている訳ではない。「僕はカンガセイロの映画を作りたかったわけじゃなく、もっと普遍的な、リアリティのある物語にしたかったんだ。」と監督は言う。「原作にはどんな観客をも引き付けるテーマがある。それは暴力が支配する時代の禁じられた愛の運命なんだ。」
本作の時代設定は1930年代だが、この物語は現代のブラジルを映す鏡でもある。グローバル化した今日のブラジルでは、警察と、警察との闘争を生き抜くためにプロフェッショナル化するギャングとの対立が激しくなるばかりで、市民はその脅威にさらされているからだ。過ぎ去りしブラジルの姿が、現在のブラジルの姿に重なって見えてくるだろう。
————————————————
OdQJvFRveF
2006年  |  95分  |  ドラマ
監督: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
出演: ヴァネッサ・ジアーコモ / マルコ・ヒッカ / ジョゼ・ヴィルケル /エドヴァルジ・ボッジス / ホドリゴ・ペンナ / アロイジオ・デ・アブレウ / チアォン・ダヴィーラ / ネウザ・マリア・ファロ /フランシスコ・カルヴァーリョ / エリエッテ・シガリーニ
脚本: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
編集: マンガ・カンピオン
撮影: ルシオ・コダト・ABC
製作: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
美術: アナ・クラウディア・ピアセンチ
オリジナル曲: ダニエラ・メルクリ / ガブリエル・ポヴォアス
音楽:  ディミ・キレエフィ
衣装: ヴァレリア・ステファニ
————————————————
2006  |  95min.  |  Drama
Diretor / Director: Francisco Ramalho Jr.
Elenco / Cast: Vanessa Giácomo, Marco Ricca, José Wilker, Edward Boggiss, Rodrigo Penna, Aloísio de Abreu, Tião D`Avila, Neusa Maria Faro, Francisco Carvalho e Eliete Cigarini
Roteiro / Screenplay: Francisco Ramalho Jr.
Montagem / Film Editing: Manga Campion
Fotografia / Cinematography: Lucio Kodato ABC
Produção / Producer: Francisco Ramalho Jr.
Direção de Arte / Art Direction: Ana Claudia Piacenti
Canções Originais / Original Songs: Daniela Mercury e Gabriel Povoas
Música / Music: Dimi Kireeff
Figurino / Costume Design: Valéria Stefani
品番:ULD-625
税抜本体価格¥3,800
2006 年 | ブラジル | 95 分 | 音声:ポルトガル語 | 日本語字幕、ポルトガル語字幕、英語字幕 | カラー | ステレオ |
発売日:3 月 28 日(金)
発売:トゥピ・レコーズ 販売:アップリンク
購入はこちらからどうぞ!

Carnaval2014、優勝チームはTijuca!!!

2014年のリオのカーニバル、Grupo Especialの優勝チームはTijucaでした!

ヂスフィーレのテーマは、今年で没後20年のブラジルの英雄F1レーサーのアイルトン・セナを取り上げた「Acelera, Tijuca(アクセル全開、チジュッカ)」

2位のサウゲイロを0,1ポイントという僅差で引き離し、見事優勝に輝きました。

パレードの先頭を飾るComissão de  frente。コミカルなダンスがかわいい!

スピードを競争していることを表現するために、レーサーだけではなく、インターネットの開発者、飛行機のパイロット、チーターやチキチキマシン猛レースやソニックといったキャラクターまで登場します。

 

テーマソングの歌詞はこんな感じ。

Acelera Tijuca, eu vou com você/Nosso lema é vencer/Guiando o futuro que um sonho construiu/Ayrton Senna do Brasil

アクセル全開、チジュッカ、 僕は君と一緒だ/僕らのモットーは勝利を掴みとること/夢が築きあげた未来へ駆け抜けながら/ブラジルの誇り、アイルトン・セナ

F1界の頂点に君臨し、3度に渡り世界一に輝いた英雄アイルトン・セナが、イタリアの事故で亡くなってから今年で20年。彼に対する敬意とエスコーラへの誇りがひしひしと伝わってくる素敵な歌詞です。

まだまだカーニバルの興奮は冷めそうにありませんね・・・!

チジュッカ
Globoのニュースサイトより。優勝に喜ぶエスコーラのメンバーたち。


Calendar

2018年1月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Tupiniquimjpのつぶやき:フォローはこちら。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

現在9人フォロワーがいます。