Archive for the 'Tupiniquim' Category

3/14(金) 開催迫る!『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』上映&Saigenjiミニライブ&トークショー

────────────────────────────

2008年の リオデジャネイロ映画祭で 最優秀長編ドキュメンタリー監督賞 を受賞した『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』のDVD化&販売開始を記念して、同作の上映とミュージシャンSaigenjiさんのミニライブを開催します!上映後には、ブラジル音楽に造詣が深い、翻訳家の荒井めぐみさんとSaigenjiさんのお二人によるトークショーがあります。渋谷のおしゃれな映画館で素敵な時間を過ごしませんか?

【日時】
2014/3/14(金)19時開場/19時半上映
【料金】
一律¥1,500(1ドリンク付き)
【会場】

渋谷UPLINK 1F FACTRY(地図)ご予約はこちらから! 

FACTORY(1F)

FACTORY会場

ブラジルの植民地時代風のかわいいカフェも併設されています。

tabela写真

【イベントゲスト】

■Saigenji(ミュージシャン)
Saigenji_OVOG_3S1-300x200
1975年広島生まれ。沖縄~香港~沖縄~東京育ち。9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。南米の民族音楽フォルクロ-レやブ ラジル音楽を中心にSOULやJAZZなどありとあらゆる音楽を吸収した、ギタリスト、シンガーソングライタ-。その圧倒的なエネルギ-に満ち溢れた演奏 力とパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感で評価を受ける。

現在までに7枚のオリジナルアルバムと編集ベスト盤、Live盤を1枚づつリリース。
最新作は2012年11月発売のデビュー10周年弾き語りアルバム、「ONE VOICE,ONE GUITAR」。
http://saigenji.com
http://www.facebook.com/Saigenji.guitar
https://twitter.com/saigenji_guitar

■荒井めぐみ
著者プロフィール-300x225
ポルトガル語講師、翻訳。
鎌倉・西荻窪・横浜でポルトガル語教室Arcoverde主宰。

歌詞対訳を多く手がける。
2009年『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実』翻訳(P-Vine BOOKs)
2013年11月『ブラジル・ポルトガル語文法実況中継』(彩流社)出版

1998年 京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科入学
1999年 コインブラ大学、マカオ大学に短期留学
2001年 フルミネンセ連邦大学に交換留学

荒井さんについてはこちらをご覧下さい!

────────────────────────────

ULD624ジャケ写-422x600

──2008年 リオデジャネイロ映画祭 最優秀長編ドキュメンタリー監督賞 受賞──

<<ボサノヴァの言葉、サンバの言葉…一流音楽家たちがブラジル音楽の歌詞の素晴らしさについて語り尽くす、新しい視点の音楽ドキュメンタリーの傑作。ブラジル音楽の美しさを知る鍵がここにある。>>

サンバ、ボサノヴァ、MPB、HipHop…ジャンルを問わず、ブラジルのポピュラー音楽には、高度に洗練された歌詞が存在する。音楽家たちは、それらをメロディーに乗せ歌うことで、無数の大衆に深いメッセージを届けてきた。優れた歌詞は、現代詩に匹敵し、実際に、ポピュラー音楽の作詞家が文学史的に有名な詩人である場合も多い。ブラジルでは歌詞が詩や文学と密接に繋がってきたという観点から、シコ・ブアルキ、トン・ゼー、アドリアーナ・カルカニョット、レニーニ、アルナルド・アントゥネスといった一流音楽家たちが多いにブラジル音楽について語り尽くす。あなたを、より奥深く、魅力的なブラジル音楽の世界 へと誘う音楽ファン必見の傑作音楽ドキュメンタリー。

Saigenji(ミュージシャン)
──歌うように語る、そして語るように歌う。音楽と言葉が完璧な融合を見せるときそれは極上の魔法となる…。なぜなら「言葉のない音楽は、水のない水車と同じ」だから。この映画はブラジル音楽のみならず、音楽や芸術の根底に触れる素敵な映画です。絶対見たほうがいいと思う!

■武田千香(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 教授)(訳書にシコ・ブアルキ著の『ブダペスト』、 マシャード・デ・アシス著の『ブラスクーバスの死後の回想』、ジョルジ・アマード『果てなき大地』など。)
──詩やメロディー、もちろんそれらは、それらだけでも美しい。だけど、それを声と身体が奏で、音やリズムや抑揚やハーモニーが伴ったとき、それが発揮する力は大きい。言葉と音楽と人間──これらが一体となったときの無限の可能性を、この映画は教えてくれます。

『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない~魔法じかけの言葉~』
監督:エレナ・ソルベルグ
脚本:エレナ・ソルベルグ、ディアナ・ヴァスコンセロス
出演:アドリアーナ・カルカニョット、レニーニ、ジョゼ・ミゲル・ヴィズニキ、シコ・ブアルキ、アントニオ・シセロ、アルナルド・アントゥーネス、ベネガォン、ブラック・エイリアン、フェヘス、ジョルジ・マウチネル、ジョゼ・セルソ・マルチネス・コヘア、リリーニャ(コルデル・ド・フォゴ・エンカンタード)、ルイス・タチ、マリア・ベターニア、マルチーニョ・ダ・ヴィラ、パウロ・セーザル・ピニェイロ、トン・ゼー、ゼリア・ドゥンカン

DVD購入はこちらからどうぞ!

────────────────────────────

★こちらの作品も同時発売します!ノルデスチ(ブラジル北東部)&歴史好きの方必見です!

『歌え、マリア』[原題:Canta Maria]

血で血を洗う時代に
愛と嫉妬に狂う2人の男。

愛の炎の交わる場所は
戦場よりも危険だ。

OdQJvFRveF

●あらすじ
二人の男と一人の女が織りなす愛の物語。作品の舞台は、カンガセイロと呼ばれた盗賊団の中で最も恐れられていたランピオンが活躍した、1930年代のブラジル北東部。ランピオンとその一味が軍の特別部隊に追われ、血を血で洗う闘争が繰り広げられていた時代だ。この戦禍に巻き込まれたマリアは、家族を皆殺しにされ天涯孤独の身となってしまう。
若い革細工職人のコリオラノは、身寄りをなくしたマリアを、叔父で馬の調教師のフィリッペの家に連れて帰る。三人で暮らすうちに、マリアはフィリッペと恋に落ちる。
しかし同じ家に住むマリアに対し、コリオラノの胸には秘かな恋慕の情が生まれていた。こうして三人の関係がこじれ始める。嫉妬にかられたフィリッペはマリアとの結婚を解消、甥との関係も断ち切ってしまう。シンプルにして丹念に作られた本作は、愛と償い、そして幸福とは何かを語りかける。
2006年 | 95分 | ドラマ
監督: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
出演: ヴァネッサ・ジアーコモ / マルコ・ヒッカ / ジョゼ・ヴィルケル /
エドヴァルジ・ボッジス / ホドリゴ・ペンナ / アロイジオ・デ・
アブレウ / チアォン・ダヴィーラ / ネウザ・マリア・ファロ /
フランシスコ・カルヴァーリョ / エリエッテ・シガリーニ
脚本: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
製作: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
美術: アナ・クラウディア・ピアセンチ
オリジナル曲: ダニエラ・メルクリ / ガブリエル・ポヴォアス
音楽: ディミ・キレエフィ

製作:2006年
字幕:日本語、ポルトガル語、英語字幕
DVD製作:2013年(Tupi Records)
配給:Uplink
定価:3990円(税込)

購入はこちらからどうぞ!

────────────────────────────

広告

パウラ・リマのインタビュー/「intoxicate」誌

intoxicate_paula

ただ今配布中のTower Recordsの「intoxicate」誌で、パウラ・リマのインタビューが掲載されています。

文と写真は渡部晋也さんです。
新作『サンバの贈りもの』日本先行発売中です。
ブラジルではまだCDリリースされていません。輸入盤はまだ入ってきません。
良いサンバアルバムですので、ぜひ!!!
http://tower.jp/item/3288150/サンバの贈りもの
http://taiyorecord.com/?pid=62673012

Capa_Paula Lima_2013_Small

パウラ・リマ『サンバの贈りもの』

《ブラジリアン・ブラックミュージックのディーヴァ《歌姫》から、ブラジル No.1 女性サンバ歌手へ 》

[ブラジリアン・ブラックミュージックのディーヴァ《歌姫》から、ブラジル No.1 女性サンバ歌手へと華麗なる変身!パウラ・リ マの通算4枚目となるスタジオ・アルバム『サンバの贈りもの』が、日本先行リリース。
これまでのブラジリアン・ソウル/サンバ・ソウルから大きくスタイルを変え、伝統と現代性が共存するサウンドにのせてソフト にサンバを歌う。マリア・ヒタ『サンバ・メウ』、アルリンド・クルス、マルセロ・D2 などを手がけた現代最高峰のサンバ・プロデュー サー、レアンドロ・サプカイを迎え、数年に1枚しか出逢えないであろう傑作サンバ・アルバムが完成!

  2001 年にファースト・ソロ・アルバムを発表し、ブラジリアン・ソウル/サンバ・ソウルのディーヴァの座についたパウラ・リマ。ス タジオ録音のオリジナル・アルバムとしては 7 年ぶりとなる最新作『サンバの贈りもの』は、彼女が初めて本格的にストレートなサンバを歌っ た作品だ。来日公演を前に日本先行発売決定 ! パウラ・リマが、これまでのスタイルから大きくスタイルを変え、伝統と現代性が共存するサウンドで、ソフトにサンバを歌う。これが数年に 1 枚レベルのサンバの傑作だ。
パウラ・リマの歌声は、ずっと前からこういうストレートなサンバを歌ってきたと思えるほど堂々 としていて、しかも肩の力を完全に抜いた自然体。あらためて彼女の歌手としての力量、豊かな表現力に深く感じ入らずにはいられない。
プロデューサーに、マリア・ヒタ『サンバ・メウ』、アルリンド・クルス、マルセロ・D2 などを手がけ 21 世紀のサンバ・プロデューサー としての確固たる才能を発揮しているレアンドロ・サプカイを迎え、リオで録音。また普段サンパウロを中心に活動をするパウラ・リマ のために、ゲスト Vo で近年のパゴーヂ・シーンの 2 大人気グループの Vo が参加。Trak3 にサンパウロ出身の惜しまれながら解散した人 気パゴーヂ・グループ「エザルタサンバ」のペリクレスが、Track11 でリオ出身の人気パゴーヂ・グループ「グルーポ・ヘヴェラサォン」 のシャンヂ・ヂ・ピラレスがパウラ・リマとのデュエットを披露している。選曲の面でも参加メンバーの面でも、リオとサンパウロのサンバ・ シーンの最良の部分が手を取り合うパウラ・リマにしか作り得ない現代最高のサンバ・アルバムが完成した。

【解説:中原 仁/歌詞対訳:荒井めぐみ 】

<収録曲全12曲>
01. O samba é do bem/サンバは良いもの
02. Quero o que é meu (Samba no coração)/自分に与えられたもの
03. Aliança das marés/邂逅 | feat. Pélicles
04. Love affair/ラヴ・アフェア
05. Trilha sem fim/永遠の道
06. Clareou/夜明け
07. Quem ama não pisa/愛する者は傷つけない
08. Nossa união (Pro nosso mundo se alegrar/私たちの世界が明るくなるように)
09. Beija-Flor/ベイジャ・フロール
10. Um grande amor/素晴らしい愛
11. Me prende a você/あなたの虜に | feat. Xande de Pilares
12. Meu coração taí/私の心はここに

 

 

『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』上映&Saigenjiミニライブ&トークショー//『歌え、マリア』も同時発売します!!!

ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』のDVD化&販売開始記念! 同作の上映&コメントを下さったミュージシャンのSaigenjiさんと、多くのブラジル音楽の国内盤CDで歌詞対訳を手がけてきた荒井めぐみさんによるトークショー&Saigenjiさんのライブというイベントが、3月14日(金)に配給をして下さるUplinkのFACTORYで行われます。

3月14日(金)
19時開場/19時半上映
日時
2014/3/14(金)19時開場/19時半上映
料金
一律¥1,500(1ドリンク付き)
会場
FACTORY(1F)

ご予約はこちらから http://www.uplink.co.jp/event/2014/23708

────────────────────────────

ULD624ジャケ写-422x600

『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』[原題:Palavra (En)cantada]

<<ボサノヴァの言葉、サンバの言葉…一流音楽家たちがブラジル音楽の歌詞の素晴らしさについて語り尽くす、新しい視点の音楽ドキュメンタリーの傑作。ブラジル音楽の美しさを知る鍵がここにある。>>

サンバ、ボサノヴァ、MPB、HipHop…ジャンルを問わず、ブラジルのポピュラー音楽には、高度に洗練された歌詞が存在する。音楽家たちは、それらをメロディーに乗せ歌うことで、無数の大衆に深いメッセージを届けてきた。優れた歌詞は、現代詩に匹敵し、実際に、ポピュラー音楽の作詞家が文学史的に有名な詩人である場合も多い。ブラジルでは歌詞が詩や文学と密接に繋がってきたという観点から、シコ・ブアルキ、トン・ゼー、アドリアーナ・カルカニョット、レニーニ、アルナルド・アントゥネスといった一流音楽家たちが多いにブラジル音楽について語り尽くす。あなたを、より奥深く、魅力的なブラジル音楽の世界 へと誘う音楽ファン必見の傑作音楽ドキュメンタリー。

【ゲスト】
■Saigenji(ミュージシャン)
Saigenji_OVOG_3S1-300x200
1975年広島生まれ。沖縄~香港~沖縄~東京育ち。9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。南米の民族音楽フォルクロ-レやブ ラジル音楽を中心にSOULやJAZZなどありとあらゆる音楽を吸収した、ギタリスト、シンガーソングライタ-。その圧倒的なエネルギ-に満ち溢れた演奏 力とパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感で評価を受ける。

現在までに7枚のオリジナルアルバムと編集ベスト盤、Live盤を1枚づつリリース。
最新作は2012年11月発売のデビュー10周年弾き語りアルバム、「ONE VOICE,ONE GUITAR」。
http://saigenji.com
http://www.facebook.com/Saigenji.guitar
https://twitter.com/saigenji_guitar
■荒井めぐみ
著者プロフィール-300x225
ポルトガル語講師、翻訳。
鎌倉・西荻窪・横浜でポルトガル語教室Arcoverde主宰。

歌詞対訳を多く手がける。
2009年『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実』翻訳(P-Vine BOOKs)
2013年11月『ブラジル・ポルトガル語文法実況中継』(彩流社)出版

1998年 京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科入学
1999年 コインブラ大学、マカオ大学に短期留学
2001年 フルミネンセ連邦大学に交換留学

■『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』に寄せて

Saigenji(ミュージシャン)
──歌うように語る、そして語るように歌う。音楽と言葉が完璧な融合を見せるときそれは極上の魔法となる…。なぜなら「言葉のない音楽は、水のない水車と同じ」だから。この映画はブラジル音楽のみならず、音楽や芸術の根底に触れる素敵な映画です。絶対見たほうがいいと思う!

武田千香(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 教授)(訳書にシコ・ブアルキ著の『ブダペスト』、 マシャード・デ・アシス著の『ブラスクーバスの死後の回想』、ジョルジ・アマード『果てなき大地』など。)
──詩やメロディー、もちろんそれらは、それらだけでも美しい。だけど、それを声と身体が奏で、音やリズムや抑揚やハーモニーが伴ったとき、それが発揮する力は大きい。言葉と音楽と人間──これらが一体となったときの無限の可能性を、この映画は教えてくれます。

──2008年 リオデジャネイロ映画祭 最優秀長編ドキュメンタリー監督賞 受賞──

────────────────────────────
監督:エレナ・ソルベルグ(Helena Solberg)
脚本:エレナ・ソルベルグ(Helena Solberg)、ディアナ・ヴァスコンセロス(Diana Vasconcellos)
出 演:アドリアーナ・カルカニョット(Adriana Calcanhotto)、レニーニ(Lenine)、ジョゼ・ミゲル・ヴィズニキ(José Miguel Wisnik)、シコ・ブアルキ(Chico Buarque)、アントニオ・シセロ(Antônio Cícero)、アルナルド・アントゥーネス(Arnaldo Antunes)、ベネガォン(BNegão)、ブラック・エイリアン(Black Alien)、フェヘス(Ferréz)
、ジョルジ・マウチネル(Jorge Mautner)、ジョゼ・セルソ・マルチネス・コヘア(José Celso Martinez Correa)、リリーニャ(Lirinha)[コルデル・ド・フォゴ・エンカンタード(Cordel do Fogo Encantado)]、ルイス・タチ(Luiz Tatit)、マリア・ベターニア(Maria Bethânia)、マルチーニョ・ダ・ヴィラ(Martinho da Vila)、パウロ・セーザル・ピニェイロ(Paulo César Pinheiro)、トン・ゼー(Tom Zé)、ゼリア・ドゥンカン(Zélia Duncan)
製作:2008年
字幕:日本語、ポルトガル語、英語字幕/日本語字幕:杉田ようこ
DVD製作:2012年(Tupi Records)/
DVD解説:花田勝暁
配給:Uplink
定価:3990円(税込)

DVDの購入はこちらから。

────────────────────────────
OdQJvFRveF

同時発売!
『歌え、マリア』[原題:Canta Maria]

<<
血で血を洗う時代に
愛と嫉妬に狂う2人の男。

愛の炎の交わる場所は
戦場よりも危険だ。
>>

●あらすじ
二人の男と一人の女が織りなす愛の物語。作品の舞台は、カンガセイロと呼ばれた盗賊団の中で最も恐れられていたランピオンが活躍した、1930年代のブラジル北東部。ランピオンとその一味が軍の特別部隊に追われ、血を血で洗う闘争が繰り広げられていた時代だ。この戦禍に巻き込まれたマリアは、家族を皆殺しにされ天涯孤独の身となってしまう。
若い革細工職人のコリオラノは、身寄りをなくしたマリアを、叔父で馬の調教師のフィリッペの家に連れて帰る。三人で暮らすうちに、マリアはフィリッペと恋に落ちる。
しかし同じ家に住むマリアに対し、コリオラノの胸には秘かな恋慕の情が生まれていた。こうして三人の関係がこじれ始める。嫉妬にかられたフィリッペはマリアとの結婚を解消、甥との関係も断ち切ってしまう。シンプルにして丹念に作られた本作は、愛と償い、そして幸福とは何かを語りかける。

────────────────────────────
2006年 | 95分 | ドラマ
監督: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
出演: ヴァネッサ・ジアーコモ / マルコ・ヒッカ / ジョゼ・ヴィルケル /
エドヴァルジ・ボッジス / ホドリゴ・ペンナ / アロイジオ・デ・
アブレウ / チアォン・ダヴィーラ / ネウザ・マリア・ファロ /
フランシスコ・カルヴァーリョ / エリエッテ・シガリーニ
脚本: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
製作: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
美術: アナ・クラウディア・ピアセンチ
オリジナル曲: ダニエラ・メルクリ / ガブリエル・ポヴォアス
音楽: ディミ・キレエフィ

製作:2006年
字幕:日本語、ポルトガル語、英語字幕
DVD製作:2013年(Tupi Records)
配給:Uplink
定価:3990円(税込)

DVDの購入はこちらから。

「ヨコハマ・フットボール映画祭2014」と「にいがたサッカームービーウィーク2014」で、ブラジル映画祭のサッカー映画を上映!

100649_1024
『サッカーに裏切られた天才、エレーノ』より

Santos-100-Anos-de-Futebol-Arte-28
『サントス〜美しきブラジリアン・サッカー〜』より

────────────────────────────────────

ブラジル映画祭で上映したサッカー映画2作品が、横浜と新潟で再上映されます。2/8(土)~2/11(火・祝)の4日間開催の「ヨコハマ・フットボール映画祭2014」では『サッカーに裏切られた天才、エレーノ』と『サントス〜美しきブラジリアン・サッカー〜』が、2月22日(土)〜2/28(金)まで1週間開催される「にいがたサッカームービーウィーク2014」では『サントス~美しきブラジリアン・サッカー~』が上映されます。

ヨコハマ・フットボール映画祭2013
@ ブリリア ショートショート シアター
2/8(土)〜2/11(火・祝)

■『サッカーに裏切られた天才、エレーノ』
●2/9(日)10:30〜
●2/11(火・祝) 17:55〜
■『サントス~美しきブラジリアン・サッカー~』
●2/9(日)20:05~

同フットボール映画祭では他に、『ロスト・ワールドカップ-消えた1942年大会-』『インドネシア・コネクション ―サッカーを蝕む男たち』『クレムリンに立ち向かった男たち ポーランド代表 ベスト4の真実』『ラブ・セレソン お姫様と11人の選手たち』『裸足の夢』『プライドinブルー』『ベッカムに恋して』を上映。

・チケット http://yfff.jp/チケット/
シングル券 前売 1300円
シングル券 当日 1500円  シニア・障がい者1000円 学生500円
ワンデイパス 前売のみ4000円

にいがたサッカームービーウィーク2014
@ 新潟・市民映画館 シネ・ウインド
2/22(土)〜2/28
■『サントス~美しきブラジリアン・サッカー~』 会期中に4回上映
●上映日程:2/22(土)、2/24(月)、2/26(水)、2/28(金) 毎日18:00~19:40
※    2/22(土)上映後、トークイベント
 えのきどいちろう(コラムニスト) × 平澤大輔(元「週刊サッカーマガジン」編集長)

同サッカームービーウィークでは他に、『狂熱のザンクトパウリ・スタジアム』を上映。

・料金 前売1200円 当日1500円(前売券は2/22土、2/23日、平日それぞれ100枚)
※    チケットはシネ・ウインド、新潟日報サービスネット、当館ウェブサイトショップからの購入のみ※    シネ・ウインド会員は当日も1200円で入場可。ただし土曜&日曜のみ金曜までに要事前予約
※ 前売券完売の場合、開始直前の入場状況により追加入場が可能と判断した場合のみ当日券を発行

ブラジル映画祭の公式プレイベント、残るは2回

●10月6日(日)@吉祥寺・アウボラーダ

ブラジル映画祭プレイベント MAKOトークショー
http://www.alvorada.jp/live/index.html

10/12(土)から東京公開のブラジル映画祭2013。その「予習」ということでリオ在住の歌手&パーカッショニスト・MAKOさんが音楽をモチーフにした4作品について語ってくれます。

対象となるのは、ブラジル音楽史に残る偉大な音楽家がテーマになった3作品
・『ゴンザーガ 〜父から子へ〜』
・『ハウル・セイシャス 〜終わりなきメタモルフォーゼ〜』
・『ウィルソン・シモナル〜スウィング! ダンス!! ブラジル!!!〜』
さらにホベルト・カルロスの曲がストーリーの要となる
・『はぐれても、はぐれても』の計4作品。

ルイス・ゴンザーガ、ゴンザギーニャ、ハウル・セイシャス、ウィルソン・シモナル、ホベルト・カルロスなどそれぞれのアーティストの生い立ちや、出生地の特徴、音楽性について知るチャンスです。

また、『はぐれても、はぐれても』の原題は「À Beira Do Caminho」ですが、この原題の元になり、作中にも何度も出てくるホベルト・カルロスの名曲「Sentado À Beira Do Caminho」や、『ウィルソン・シモナル~スウィング! ダンス!! ブラジル!!!~』の原題である「Ninguém sabe o duro que dei」というフレーズが出てくる曲「Carango」、また『ハウル・セイシャス ~終わりなきメタモルフォーゼ~』の原題である「O início, o fim e o meio」というフレーズが出てくる曲「Gita」、こういった映画を観る上で知っておいた方がよい曲についてより知識を深めておくことで、ブラジル映画祭が2倍も3倍も楽しくみられること間違いナシ!

ブラジル在住のMAKOさんならではの内容盛りだくさんでお送りするブラジル映画祭の公式プレイベントです。

18:00オープン&19:00スタート

チャージ1500円+オーダー

ご予約 アウボラーダ 0422-20-2797

http://www.alvorada.jp/live/index.html

──────────────────────────────────────

●10月10日(木)@渋谷・Bar Blen blen blen

「ゴンザーガ~父から子へ」「ハウル・セイシャス」「ウィルソン・シモナル」徹底ガイド
http://blog.livedoor.jp/artenia/archives/52228433.html

日時:10月10日(木) open 19:00 / start 19:30(21:00終了)
会場:渋谷 Bar Blen blen blen
渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル2F 03-3461-6533
ナヴィゲーター;中原仁
Charge:1,500円(with 1 drink)

「ブラジル映画祭2013」(10/12~18@渋谷ユーロスペース)の上映作品の中から、音楽関連の3作品「ゴンザーガ~父から子へ~」「ハウル・セイシャス~終わりなきメタモルフォーゼ~」「ウィルソン・シモナル~スウィング!ダンス!!ブラジル!!!~」にフォーカス。 各作品をダイジェストで上映しながら、ルイス・ゴンザーガ&ゴンザギーニャ親子、ハウル・セイシャス、ウィルソン・シモナルの音楽を中原仁がガイドしていきます。これに参加すれば鑑賞前の予習は完璧!また「ブラジル映画祭2013」の全上映作品の予告編映像もご紹介します。 ご来場者には抽選でプレゼントも!

※ご予約は不要です。どうぞお早めにご来場ください。
※試写会ではありません。各作品をダイジェストで紹介します。
※ご来場者の中から抽選で3名様に「SHIPS x ブラジル映画祭コラボTシャツ」をプレゼント!
※ブラジル映画祭2013の前売券を販売します。
※ブラジル料理などのお食事もご用意しています。
※イヴェント終了後は通常営業(深夜まで)となります。

http://blog.livedoor.jp/artenia/archives/52228433.html

──────────────────────────────────────

【ブラジル映画祭プレイベント】明日9/21(土)から3日間、池袋サンシャインで過去の人気作品を上映「ブラジルシアター」

BrazilTheater2

この機会を逃すと、もう見れる機会はないかもしれない!
明日9/21(土)から3日間、「ブラジル・シアター」の後半3日間のスタートです。池袋サンシャインで過去のブラジル映画祭で人気のあった作品を上映します。前半3日間は、台風の接近で天気が大荒れでしたが、今週末は大きく崩れることはなさそう!!

21日(土)と22日(日)には、上映作品解説のトークイベントが開催されるよりお得な上映の回もありますよ!
チケットは1作品1000円、安いです!!

人気作ばかり揃えましたので、ぜひ観にきてください!!!

●ブラジル・シアター
http://sunshine-brasil.com/theater.html

9/21(土)上映日程
10:00〜 ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡
12:30〜 センチメンタルなピエロの旅
15:30〜 バイアォンに愛を込めて
18:30〜 ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない〜魔法じかけの言葉〜 ※ブラジル在住の歌手/パーカッショニストMakoさんの映画解説トークショーあり。

9/22(日)上映日程
10:00〜 僕のことを話そう
12:30〜 オンナの快感
15:30〜 MPB1967 ※中原 仁さんの映画解説トークショーあり。
18:30〜 バイアォンに愛を込めて ※diskunionの江利川侑介さんとアンナさんの映画解説トークショーあり。

9/23(月・祝) 上映日程
10:00〜 世界が終わりを告げる前に
12:30〜 ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡
15:30〜 トゥー・ラビッツ
18:30〜 センチメンタルなピエロの旅

会場は、池袋サンシャインのワールドインポートマートビル5Fのコンフェレンス・ルームです。
池袋サンシャインはかなり広いので、場所がわからなかったら、すぐに職員の方に訊くのが得策ではないかと思います。
チケットは会場窓口でのみの販売、21日(土)午前9:30から、この3日間分の上映チケットを販売します。

池袋サンシャイン全体がブラジル色に染まっていて、他にもイベントも盛りだくさんですが、ぜひ映画も観てくださいね。
Festa do Brasil – Sunshine City(サンシャインシティ フェスタ ド ブラジル)
https://www.facebook.com/festadobrasil

「ブラジル・シアター」の会場、映画を見るのにとてもいい環境でした。

池袋サンシャインでの「ブラジル・シアター」の会場を見てきましたが、映画を見るのにとてもいい環境ができあがっていました。
明日9月14日(土)の上映作品はこれら4作品です。 ①センチメンタルなピエロの旅/②ヴィック・ムニーズ/③MPB 1967/④バイアォンに愛を込めて

個人的にも思い入れの強い、『センチメンタルなピエロの旅』からスタートします。何度も見ましたが、会場でまた見ようかと思っています。

料金は1000円。チケットは当日窓口での販売のみ。9:30より当日上映分のチケットを会場のカンファレンス・ルーム前にて販売します。

_IMAG0029_IMAG0031IMAG0023


Calendar

2017年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Tupiniquimjpのつぶやき:フォローはこちら。

  • モノブロコジャパンツアーTシャツが届きました! http://t.co/MxCkk2fqQB 2 years ago
  • モノブロコ・エンサイオにクイーカを追加しました! お申し込みは↓ monobloco.jp/ensaio_entry 2 years ago
  • モノブロコ来日メンバー決定しました!今回は13名のミュジシャンでの演奏です! 詳細は monobloco.jp 2 years ago
  • 9月4日のモノブロコ・エンサイオ:ヘピニキを追加しました。 2 years ago
  • 【あと4日!】モノブロコ東京公演(9月5日)先行前売券のお知らせ:7月15日までチケットぴあにて(Pコード268-161)5,000円(ドリンク別途)の前売券を完売しております。枚数の制限がありますのでお早めにゲット!! monobloco.jp 2 years ago

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

現在1,150人フォロワーがいます。