Archive for the 'Festivalzinho Tupiniquim' Category

最終:ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「携帯依存症(Celulife)」:日伯学園 制作

この作品で、2012年のジュニア・フィルム・フェスティバルの作品の紹介は最後になります。


●「携帯依存症(Celulife)」 日伯学園(Instituto Educacional Centro-Nipo Brasileiro)制作

最後になってしまいましたが、ジュニア・フィルム・フェスティバルの作品への、日本語字幕翻訳は、東京外国語大学外国語学部欧米第二課程ポルトガル語専攻2年の3名の学生に挑戦してもらいました。

 彼女たちに、自己紹介と字幕翻訳をしてみた感想を書いていただきました。_______________

初めまして、東京外国語大学ポルトガル語専攻の小林瑠音です。今回のジュニアフィルムカーニバルには所属しているAmigosというサークルを通じて関わ り、短いながら映画字幕の作成という学生の身ではめったにできない作業をさせていただきました。作業中は字数制限はもちろん、原作のニュアンスにそった翻 訳にも苦労しました。話し手の呼びかけ方や口調を考えながら作業をし、ブラジル映画祭で日本語の特徴を再認識するという結果になりました。簡単ではない作 業でしたが、それでも完成した作品をスクリーンで観てこそばゆい達成感を感じています。映画祭にいらっしゃる方々にも、少しでもジュニアフィルムカーニバ ルを楽しんでいただけることを願っています。
_______________

東京外国語大学ポルトガル語専攻2年の森田響です。
今回1作品たった1分のショートムービーでしたが翻訳に字幕作りという仕事を初めてさせていただいて、
その予想以上の難しさに苦戦するとともに言いようのない楽しさを覚えました。
子どもたちが1分の中に込めたメッセージを皆さんに少しでも多く伝えられるよう努めました。
どうぞ楽しんでください!
_______________

大学入学前から映画字幕翻訳の仕事に関心がありました。現在、大学でポルトガル語を専攻しており、縁あって今回の企画に参加させていただきました。
一分間の作品ではあるものの、ブラジルの若者言葉やポルトガル語独自の表現を日本語に翻訳するという作業には苦戦を強いられました。実際に1時間以上ある 映画を翻訳する際には相当の時間や労力を要するのだと思います。映画を翻訳する際に「笑い」を翻訳するのが一番難しいと聞くのですが、今回の作業でそれを 感じる場面もありました。
しかし、その作業は同時に言語や文化、そして翻訳に関心を持つ私にとって面白いものでもありました。これからも、今回の経験を活かして「映画字幕翻訳家」という目標に向かっていきたいです。(山崎梨央)

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「選択(Escolhas)」:日伯学園 制作


●「選択(Escolhas)」 日伯学園(Instituto Educacional Centro-Nipo Brasileiro)制作

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「紙戦争(A guerra de papel)」:日伯学園 制作


●「紙戦争(A guerra de papel)」 日伯学園(Instituto Educacional Centro-Nipo Brasileiro)制作

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「Game Over」:ジェンテ・ミウダ校制作


●「Game Over」ジェンテ・ミウダ校(Instituto Educacional Gente Miúda)

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「カンニング(Cola)」:日伯学園 制作


●「Cola(カンニング)」 日伯学園(Instituto Educacional Centro-Nipo Brasileiro)制作

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開:「Brothers」:ジェンテ・ミウダ校制作


●「Brothers」ジェンテ・ミウダ校(Instituto Educacional Gente Miúda)制作

ジュニア・フィルム・フェスティバル作品Web公開!

新年あけましておめでとうございます。
本年もブラジル映画祭および、トゥピニキーン・エンターテイメントをよろしくお願いします。

映画祭に来ていただいた方はご覧になったと思いますが、作品の上映前に「ジュニア・フィルム・カーニバル:Festivalzinho Tupiniquim」(子どもたちが作る1分間映画フェスティバル)で制作した作品の中から、各校から選出された3作品を上映致しました。
しかし、同プロジェクトでは、上映できなかった作品を含め全10作品を子供たちが作ってくれました。それらの全作品を今後、こちらで紹介していきます。

まずは、映画祭で上映した3作品を紹介します。以降、未公開の作品は1作づつ紹介する予定です。


●噂のマリア(Cada Conto Aumenta Um Ponto):ジェンテ・ミウダ校 制作
────────────────────────────────────────


●良心(Ato de Bondade):日伯学園 制作
────────────────────────────────────────


●「ある紙の運命(A Viagem)」エスコーラ・パラレロ校 制作
────────────────────────────────────────


Calendar

2017年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Tupiniquimjpのつぶやき:フォローはこちら。

  • モノブロコジャパンツアーTシャツが届きました! http://t.co/MxCkk2fqQB 1 year ago
  • モノブロコ・エンサイオにクイーカを追加しました! お申し込みは↓ monobloco.jp/ensaio_entry 2 years ago
  • モノブロコ来日メンバー決定しました!今回は13名のミュジシャンでの演奏です! 詳細は monobloco.jp 2 years ago
  • 9月4日のモノブロコ・エンサイオ:ヘピニキを追加しました。 2 years ago
  • 【あと4日!】モノブロコ東京公演(9月5日)先行前売券のお知らせ:7月15日までチケットぴあにて(Pコード268-161)5,000円(ドリンク別途)の前売券を完売しております。枚数の制限がありますのでお早めにゲット!! monobloco.jp 2 years ago

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

現在1,150人フォロワーがいます。