Archive for the 'Brasil Topic' Category

Meu Canto

 


  • Serginho Beaga  Presenteia O Público COM O Álbum  Meu Canto Neste Trabalho O Sambista Reúne Sambas Autorais ;. Nove Releituras E Tres Sambas inéditos “Meu Canto” Contempla Sambas Ja Conhecidos do Grande Público Como;.  Me Leva  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) E  Virou mania  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) Que FOI Gravado Por Agepe.  Não Sou Aprendiz (Serginho Beaga / Toninho Gerais / Acyr Marques) Que FOI Gravado Por Marquinhos Sathan,  Reconquista  (Serginho Beaga),  Samba Guerreiro  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) Que Jovelina FoI Gravado Por Pérola Negra,  legítima Defesa  (Serginho Beaga),  Brilha Por Si  (Serginho Beaga),  Feito Anjo  (Serginho Beaga) E  O Dom Que Deus Deu  (Serginho Beaga) Que foi A Primeira Musica Do Serginho Gravada Nacionalmente Por Neguinho Da Beija Flor Alem Das Releituras No “Meu Canto” Serginho Beaga Gravou Tres Sambas Autorais inéditos :.  Bambuzal De Iansa  (Serginho Beaga),  agridoce  (Serginho Beaga) E  Meu Canto (Marquinhos Ramos / Serginho Beaga)
広告

Musica Mineira

Foto : Marco Aurélio Prates

Músico, multiinstrumentista, cantor e compositor Luiz Paulo prepara seu primeiro trabalho solo intitulado ” Calendario ” com composições autorais.
Seguindo uma trilha sonora de sua trajetória, com influências que percorrem
o   pop, rock, black-music, reggae dentre outros gêneros temperados com sabor e forte sotaque brasileiro.
Artista eclético e ávido por Novos timbres e sonoridades, Luiz Paulo Traz na Bagagem versatilidade Como instrumentista com trinta ano de Carreira Profissional, escursionou POR grande parte do Território brasileiro, Europa e Japão.
O fruto desta experiência se faz presente em suas composições trazendo o tom cosmopolita e ao mesmo tempo consegue narrar de forma simples e leve situações do nosso cotidiano eo inconsciente coletivo.
O trabalho já está em fase de pré-produção e contará com participações de músicos relevantes
da cena nacional e do breve disponível nas plataformas digitais através da 
Tupi  Records  Japan.

 

 

 

Cantora e Compositora Mariangela Ramos

A Cantora e Copositora, Mariangela Ramos Promete trazer em 2018 o fino da música popular Brasileira.

Em seu novo repertorio,  seu publico podera  curtir em primeira mão suas novas músicas autorais.
Vamos conferir! Em Breve !! 2018

Brasileira

Cantora e Compositora

4月26日(土)〜6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の大コレクション展

ポスター

4月26日(土)~6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の展示会「陽光の大地 ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール」が開催されます。

陽光の大地
ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール
~兵庫県立美術館所蔵 リカルド・タケシ・赤川コレクションを中心に~

サンパウロ在住の現代美術のコレクター、リカルド・タケシ・赤川氏により兵庫県立美術館に寄贈されたコレクションを中心に、ブラジルの日系人画家の活動に迫る展覧会です。

大正時代にブラジルに渡った半田知雄をはじめ、大竹富江、間部学らブラジルにおいて敬愛される画家たち、そして戦後に移住した豊田豊など、42名の作家による62点が展示されます。それに加え、ブラジル生まれの新世代を代表する大岩オスカールに焦点を当て、国内に所蔵される作品を加えて展示を行います。

展覧会は40人余の日系人画家と65点の作品からなっています。ブラジル移民で初めて芸術活動に専念したといわれる半田知雄から、世界的作家の間部学そして現在 ニューヨーク等で活躍する日系3世オスカール大岩まで、リカルド・タケシ・赤川氏のコレクションは、時代と作家をほぼ網羅した他に類を見ないものと言われています。日系ブラ ジル人画家の作品はブラジル現代美術の歴史の一部を代表してきました。

サッカーやサンバ、カーニヴァルなど熱狂的なイメージの強いブラジルですが、太陽の光が降り注ぐブラジルの大地に魅せられた日系人画家の仕事を顧みると同時に、遠くて近い両国の関係や相互の文化的理解に繋げることのできる貴重なこの展覧会を、ぜひお見逃しなく。

────────────────────────────────────────────────

チラシ_0412

5月11(日)には、東京から本展覧会へ大型バスで向かうバス・ツアー「『陽光の大地へ、バス・ツアー』 ~群馬県立館林美術館へ、ブラジルの日系人画家たちの作品展を見に行こう! ~」があります。

途中に館林市のすぐ近くの大泉町のレストラン/ショッピング・センターに寄ったり、5月11日(日)のみ、在ブラジルのドキュメンタリー作家・岡村淳が、本展覧会でも作品が展示されているブラジル現代美術の重要画家の大竹富江氏に迫ったドキュメンタリー映画『京 サンパウロ/移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華』を上映するトークイベントがあるなど、内容盛り沢山のバス・ツアーです。

 

バスツアーについて詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/710860762304528/
http://bustournippaku.jimdo.com/

「BRARIO TV」スタート!!! 4月2日(水)20:00〜

brario_site_yo

ブラジル情報サイトBRARIO がお届けするブラジル情報番組「BRARIO TV」が、Ustream でスタートします。日本語とポルトガル語が飛び交うブラジル情報語学バラエティー番組です。

初回放送は日本のブラジルBIGイベントを特集ということです。

4月2日(水)20:00~20:45

 

番組の情報をお届け!!

■公式twitter (https://www.twitter.com/brariotv)
■公式facebook (https://www.facebook.com/brariotv)
────────────────────────────────────────

ブラリオTVとは??

■MC

ウェルトン(Welton Minato)
カウアン(Kauan Andriatti)

ブラジル生まれのパワフルでチャーミングな二人が番組をナビゲート!!

■番組内容

【ニュース】【暮らし】【文 化】【音楽・映画・書籍】【スポーツ】【観 光】【グルメ】【言 葉】【ビューティー】【バラエティ】など、 様々なジャンルで企画満載!!何がおこるかわからない60分!!

■番組のポイント

その1.Ustreamで、世界中に日本のブラジル文化や日本の文化をPR!
その2.会話は日本語とポルトガル語の二ヶ国をMIX!日常会話はこれで勉強だ!
その3.ブラジルをキーワードに様々なゲストが登場。ブラジルカルチャーを語る!
その4.イベント告知やライブ告知、イベント直前特集など、気になる情報をお届け!

■オンエア予定日(水曜日 20時~21時)

4月2日・9日・23日/5月14日・28日/6月11日・25日 …..

 

■公式twitter (https://www.twitter.com/brariotv)
■公式facebook (https://www.facebook.com/brariotv)

『歌え、マリア(Canta Maria)』DVD発売!

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

3/14(金) 開催迫る!『ブラジル音楽ほど素敵な歌詞はない ~魔法じかけの言葉~』上映&Saigenjiミニライブ&トークショー

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

Tupi Recordsから新作DVD『歌え、マリア(Canta Maria)』が全国発売開始

OdQJvFRveF

カンガゼイロと呼ばれる盗賊団がはびこった1930年代、ブラジルのノルデスチ(北東部)の町を舞台にしたラブストーリーです。

ブラジル北東部の文化、歴史が好きな方から、情念がほとばしる恋愛ドラマがお好きな方まで(!)楽しめる作品です。

映画に登場する架空の町を作り上げるために、エグゼクティブ・プロデューサーのマルセロ・トーレスは、パライーバ州とペルナンブコ州を映画のロケ地に決定するまで、ブラジル北東部を7,000 km近くも奔走したんだとか。撮影のほとんどはカバセイラスという町で行われたのですが、1930年代の時代背景を再現するため、プロデューサーたちはアスファルトをすべて土で覆い、街灯やテレビのアンテナ、電線を取り払い、さらに家々のペンキも塗りなおしたそうです。

原作は巨匠、フランシスコ・J・C・ダンタスの小説『Os Desvalidos』ですが、映画のタイトルは『歌え、マリア(Canta Maria)』に変更されています。これは、ダニエラ・メルクリと彼女の息子、ガブリエル・ポヴォアスによってこの作品のために書き下ろされたオリジナル曲の歌詞から引用されました。

丹念に作りこまれた1930年代のブラジル北東部の風景、そして胸に迫る登場人物たちの葛藤は必見です!!!

購入はこちらからどうぞ!

————————————————
『歌え、マリア(Canta Maria)』
血で血を洗う時代に
愛と嫉妬に狂う2人の男。
愛の炎の交わる場所は
戦場よりも危険だ。

————————————————

《作品解説》

二人の男と一人の女が織りなす愛の物語。作品の舞台は、カンガセイロと呼ばれた盗賊団の中で最も恐れられていたランピオンが活躍した、1930年代のブラジル北東部。ランピオンとその一味が軍の特別部隊に追われ、血を血で洗う闘争が繰り広げられていた時代だ。この戦禍に巻き込まれたマリアは、家族を皆殺しにされ天涯孤独の身となってしまう。

若い革細工職人のコリオラノは、身寄りをなくしたマリアを、叔父で馬の調教師のフィリッペの家に連れて帰る。三人で暮らすうちに、マリアはフィリッペと恋に落ちる。
しかし同じ家に住むマリアに対し、コリオラノの胸には秘かな恋慕の情が生まれていた。こうして三人の関係がこじれ始める。嫉妬にかられたフィリッペはマリアとの結婚を解消、甥との関係も断ち切ってしまう。シンプルにして丹念に作られた本作は、愛と償い、そして幸福とは何かを語りかける。
foto_Luciana_Figueiredo_9

フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル監督の20年ぶりの新作となる『歌え、マリア』は、監督が熱い思いを込めて撮った作品だ。ブラジルでは、1960年代に国家の改革とブラジル北東部の救済を求めて多くの若者が政治運動を起こしたが、彼もその運動に参加した一人だったからだ。「映画監督の仕事を始めてからずっと、ブラジル北東部の文化や文学を見つめ続けてきたんだ。私が70年代初めに撮った初の35ミリ作品も、ブラジル映画にみるカンガセイロ(盗賊団)についてのドキュメンタリーだった。」と彼は話す。

foto_Luciana_Figueiredo_13
『歌え、マリア』の原作は、セルジッペ州出身の作家フランシスコ・J・C・ダンタスの『Os Desvalidos』だ。この小説はカンガセイロがはびこった時代を背景としているが、カンガセイロそのものをテーマとしている訳ではない。「僕はカンガセイロの映画を作りたかったわけじゃなく、もっと普遍的な、リアリティのある物語にしたかったんだ。」と監督は言う。「原作にはどんな観客をも引き付けるテーマがある。それは暴力が支配する時代の禁じられた愛の運命なんだ。」
本作の時代設定は1930年代だが、この物語は現代のブラジルを映す鏡でもある。グローバル化した今日のブラジルでは、警察と、警察との闘争を生き抜くためにプロフェッショナル化するギャングとの対立が激しくなるばかりで、市民はその脅威にさらされているからだ。過ぎ去りしブラジルの姿が、現在のブラジルの姿に重なって見えてくるだろう。
————————————————
OdQJvFRveF
2006年  |  95分  |  ドラマ
監督: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
出演: ヴァネッサ・ジアーコモ / マルコ・ヒッカ / ジョゼ・ヴィルケル /エドヴァルジ・ボッジス / ホドリゴ・ペンナ / アロイジオ・デ・アブレウ / チアォン・ダヴィーラ / ネウザ・マリア・ファロ /フランシスコ・カルヴァーリョ / エリエッテ・シガリーニ
脚本: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
編集: マンガ・カンピオン
撮影: ルシオ・コダト・ABC
製作: フランシスコ・ラマーリョ・ジュニオル
美術: アナ・クラウディア・ピアセンチ
オリジナル曲: ダニエラ・メルクリ / ガブリエル・ポヴォアス
音楽:  ディミ・キレエフィ
衣装: ヴァレリア・ステファニ
————————————————
2006  |  95min.  |  Drama
Diretor / Director: Francisco Ramalho Jr.
Elenco / Cast: Vanessa Giácomo, Marco Ricca, José Wilker, Edward Boggiss, Rodrigo Penna, Aloísio de Abreu, Tião D`Avila, Neusa Maria Faro, Francisco Carvalho e Eliete Cigarini
Roteiro / Screenplay: Francisco Ramalho Jr.
Montagem / Film Editing: Manga Campion
Fotografia / Cinematography: Lucio Kodato ABC
Produção / Producer: Francisco Ramalho Jr.
Direção de Arte / Art Direction: Ana Claudia Piacenti
Canções Originais / Original Songs: Daniela Mercury e Gabriel Povoas
Música / Music: Dimi Kireeff
Figurino / Costume Design: Valéria Stefani
品番:ULD-625
税抜本体価格¥3,800
2006 年 | ブラジル | 95 分 | 音声:ポルトガル語 | 日本語字幕、ポルトガル語字幕、英語字幕 | カラー | ステレオ |
発売日:3 月 28 日(金)
発売:トゥピ・レコーズ 販売:アップリンク
購入はこちらからどうぞ!

ブラジル映画祭の公式プレイベント、残るは2回

●10月6日(日)@吉祥寺・アウボラーダ

ブラジル映画祭プレイベント MAKOトークショー
http://www.alvorada.jp/live/index.html

10/12(土)から東京公開のブラジル映画祭2013。その「予習」ということでリオ在住の歌手&パーカッショニスト・MAKOさんが音楽をモチーフにした4作品について語ってくれます。

対象となるのは、ブラジル音楽史に残る偉大な音楽家がテーマになった3作品
・『ゴンザーガ 〜父から子へ〜』
・『ハウル・セイシャス 〜終わりなきメタモルフォーゼ〜』
・『ウィルソン・シモナル〜スウィング! ダンス!! ブラジル!!!〜』
さらにホベルト・カルロスの曲がストーリーの要となる
・『はぐれても、はぐれても』の計4作品。

ルイス・ゴンザーガ、ゴンザギーニャ、ハウル・セイシャス、ウィルソン・シモナル、ホベルト・カルロスなどそれぞれのアーティストの生い立ちや、出生地の特徴、音楽性について知るチャンスです。

また、『はぐれても、はぐれても』の原題は「À Beira Do Caminho」ですが、この原題の元になり、作中にも何度も出てくるホベルト・カルロスの名曲「Sentado À Beira Do Caminho」や、『ウィルソン・シモナル~スウィング! ダンス!! ブラジル!!!~』の原題である「Ninguém sabe o duro que dei」というフレーズが出てくる曲「Carango」、また『ハウル・セイシャス ~終わりなきメタモルフォーゼ~』の原題である「O início, o fim e o meio」というフレーズが出てくる曲「Gita」、こういった映画を観る上で知っておいた方がよい曲についてより知識を深めておくことで、ブラジル映画祭が2倍も3倍も楽しくみられること間違いナシ!

ブラジル在住のMAKOさんならではの内容盛りだくさんでお送りするブラジル映画祭の公式プレイベントです。

18:00オープン&19:00スタート

チャージ1500円+オーダー

ご予約 アウボラーダ 0422-20-2797

http://www.alvorada.jp/live/index.html

──────────────────────────────────────

●10月10日(木)@渋谷・Bar Blen blen blen

「ゴンザーガ~父から子へ」「ハウル・セイシャス」「ウィルソン・シモナル」徹底ガイド
http://blog.livedoor.jp/artenia/archives/52228433.html

日時:10月10日(木) open 19:00 / start 19:30(21:00終了)
会場:渋谷 Bar Blen blen blen
渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル2F 03-3461-6533
ナヴィゲーター;中原仁
Charge:1,500円(with 1 drink)

「ブラジル映画祭2013」(10/12~18@渋谷ユーロスペース)の上映作品の中から、音楽関連の3作品「ゴンザーガ~父から子へ~」「ハウル・セイシャス~終わりなきメタモルフォーゼ~」「ウィルソン・シモナル~スウィング!ダンス!!ブラジル!!!~」にフォーカス。 各作品をダイジェストで上映しながら、ルイス・ゴンザーガ&ゴンザギーニャ親子、ハウル・セイシャス、ウィルソン・シモナルの音楽を中原仁がガイドしていきます。これに参加すれば鑑賞前の予習は完璧!また「ブラジル映画祭2013」の全上映作品の予告編映像もご紹介します。 ご来場者には抽選でプレゼントも!

※ご予約は不要です。どうぞお早めにご来場ください。
※試写会ではありません。各作品をダイジェストで紹介します。
※ご来場者の中から抽選で3名様に「SHIPS x ブラジル映画祭コラボTシャツ」をプレゼント!
※ブラジル映画祭2013の前売券を販売します。
※ブラジル料理などのお食事もご用意しています。
※イヴェント終了後は通常営業(深夜まで)となります。

http://blog.livedoor.jp/artenia/archives/52228433.html

──────────────────────────────────────


Calendar

2018年1月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Tupiniquimjpのつぶやき:フォローはこちら。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

現在9人フォロワーがいます。