Archive for the 'イベント' Category

Meu Canto

 


  • Serginho Beaga  Presenteia O Público COM O Álbum  Meu Canto Neste Trabalho O Sambista Reúne Sambas Autorais ;. Nove Releituras E Tres Sambas inéditos “Meu Canto” Contempla Sambas Ja Conhecidos do Grande Público Como;.  Me Leva  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) E  Virou mania  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) Que FOI Gravado Por Agepe.  Não Sou Aprendiz (Serginho Beaga / Toninho Gerais / Acyr Marques) Que FOI Gravado Por Marquinhos Sathan,  Reconquista  (Serginho Beaga),  Samba Guerreiro  (Serginho Beaga / Toninho Gerais) Que Jovelina FoI Gravado Por Pérola Negra,  legítima Defesa  (Serginho Beaga),  Brilha Por Si  (Serginho Beaga),  Feito Anjo  (Serginho Beaga) E  O Dom Que Deus Deu  (Serginho Beaga) Que foi A Primeira Musica Do Serginho Gravada Nacionalmente Por Neguinho Da Beija Flor Alem Das Releituras No “Meu Canto” Serginho Beaga Gravou Tres Sambas Autorais inéditos :.  Bambuzal De Iansa  (Serginho Beaga),  agridoce  (Serginho Beaga) E  Meu Canto (Marquinhos Ramos / Serginho Beaga)
広告

Musica Mineira

Foto : Marco Aurélio Prates

Músico, multiinstrumentista, cantor e compositor Luiz Paulo prepara seu primeiro trabalho solo intitulado ” Calendario ” com composições autorais.
Seguindo uma trilha sonora de sua trajetória, com influências que percorrem
o   pop, rock, black-music, reggae dentre outros gêneros temperados com sabor e forte sotaque brasileiro.
Artista eclético e ávido por Novos timbres e sonoridades, Luiz Paulo Traz na Bagagem versatilidade Como instrumentista com trinta ano de Carreira Profissional, escursionou POR grande parte do Território brasileiro, Europa e Japão.
O fruto desta experiência se faz presente em suas composições trazendo o tom cosmopolita e ao mesmo tempo consegue narrar de forma simples e leve situações do nosso cotidiano eo inconsciente coletivo.
O trabalho já está em fase de pré-produção e contará com participações de músicos relevantes
da cena nacional e do breve disponível nas plataformas digitais através da 
Tupi  Records  Japan.

 

 

 

Cantora e Compositora Mariangela Ramos

A Cantora e Copositora, Mariangela Ramos Promete trazer em 2018 o fino da música popular Brasileira.

Em seu novo repertorio,  seu publico podera  curtir em primeira mão suas novas músicas autorais.
Vamos conferir! Em Breve !! 2018

Brasileira

Cantora e Compositora

Latin Music Festival Anímate 2014!

今年もAnímateイベントで協力をします。今回は3バンドをプロデュースしています➡Silvio Anastacio Feat. Mariangela & Marquinhos Ramos, SaigenjiとRojitas & Tokyo Ensemble.
詳細はwww.tupiniquim.jp
A4_2_03

Tupiniquim Live vol. 1

Tupiniquim Live vol. 1

Tupiniquim Live Presents

サンバ〜を3人で!Três no Samba

トゥピニキーンエンターテイメントの新企画:Tupiniquim Liveの初イベントです。サンバ〜を3人で!はブラジル人の3人のミュジシャンでサンバ・デ・ハイス、サンバ・デ・ホーダ、サンバ・エンヘードとパゴジの演奏です。さらにブラジル人ダンサーのAle VillarとEriのライブパフォーマンスもあります。他、ゲストミュージシャンがブラジル音楽をお届けいたします。

Tupiniquim Live apresenta “Três no Samba”, evento que esta marcando o retorno oficial de Marquinhos Ramos e Mariângela Ramos de volta à cena musical de Tokyo. Acompanhados de Brown e mais artistas convidados, esta noite será recheada de boa música e alto astral!

  • Mariângela Ramos (vocal/perc.)
  • Brown (vocal/cavaco)
  • Marquinhos Ramos (vocal/perc.)
  • + Alexandre Vilar&Eri (dancers)
  • + Nick & Fare (perc.)

会場:Saravah東京
オープン:午後7時
スタート:午後8時
前売:3,000円(1drink付)
当日:3,500円(1drink付)

ワールドカップ決勝前日のはやっぱりブラジル音楽で!

前売チケットの予約はこちらです↓↓
「後ほどイベント企画スタッフから確認の返信メールを送ります」

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)来日中! 明日金曜から4日間(日曜休演、火曜まで)、ブルーノート東京で公演

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle)が来日中!!!
明日18日(金)からブルーノート東京に出演します。

MARCOS VALLE & STACEY KENT featuring JIM TOMLINSON

Marcos Valle_2014

 

ボサノヴァ第二世代の旗手としてデビューしてから50年記念アルバムを携えて“ジャズ・ソング・バード”と来日

マルコス・ヴァーリ(vo,key,g) &ステイシー・ケント(vo,g)  featuring ジム・トムリンソン(sax)

2014 4.18 fri. – 4.22 tue.

4.18 fri., 4.21 mon. – 4.22 tue.
 [1st]Open5:30pm Start7:00pm [2nd]Open8:45pm Start9:30pm

4.19 sat.
 [1st]Open3:45pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

ブラジルが世界に誇る“グルーヴ・マスター”と、コスモポリタン的な活動を続ける“ジャズ・ソングバード”が日本で出会う。「サマー・サンバ」など数多くの名曲を送り出したマルコス・ヴァーリと、クリント・イーストウッドやカズオ・イシグロからも賞賛を受ける女性歌手ステイシー・ケントのコラボレーションだ。マルコスは’64年にアルバム・デビュー。早くからブラジル音楽と欧米のポピュラー音楽の融合に取り組み、クラブ・ミュージック・シーンにも大きな影響を与えている。ステイシーは2009年にフランス芸術文化勲章を受章。ブラジルでの人気も絶大で、コンサートには百万人ものオーディエンスがつめかけたという。マルコスのデビュー50周年作品『AO VIVO』でも息のあった共演を聴かせたふたり。最高に心暖まるアニヴァーサリー・ライヴを楽しみにしたい。

4月26日(土)〜6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の大コレクション展

ポスター

4月26日(土)~6月29日(日)、群馬県館林美術館でブラジル日系人画家の展示会「陽光の大地 ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール」が開催されます。

陽光の大地
ブラジルの日系人画家たちと大岩オスカール
~兵庫県立美術館所蔵 リカルド・タケシ・赤川コレクションを中心に~

サンパウロ在住の現代美術のコレクター、リカルド・タケシ・赤川氏により兵庫県立美術館に寄贈されたコレクションを中心に、ブラジルの日系人画家の活動に迫る展覧会です。

大正時代にブラジルに渡った半田知雄をはじめ、大竹富江、間部学らブラジルにおいて敬愛される画家たち、そして戦後に移住した豊田豊など、42名の作家による62点が展示されます。それに加え、ブラジル生まれの新世代を代表する大岩オスカールに焦点を当て、国内に所蔵される作品を加えて展示を行います。

展覧会は40人余の日系人画家と65点の作品からなっています。ブラジル移民で初めて芸術活動に専念したといわれる半田知雄から、世界的作家の間部学そして現在 ニューヨーク等で活躍する日系3世オスカール大岩まで、リカルド・タケシ・赤川氏のコレクションは、時代と作家をほぼ網羅した他に類を見ないものと言われています。日系ブラ ジル人画家の作品はブラジル現代美術の歴史の一部を代表してきました。

サッカーやサンバ、カーニヴァルなど熱狂的なイメージの強いブラジルですが、太陽の光が降り注ぐブラジルの大地に魅せられた日系人画家の仕事を顧みると同時に、遠くて近い両国の関係や相互の文化的理解に繋げることのできる貴重なこの展覧会を、ぜひお見逃しなく。

────────────────────────────────────────────────

チラシ_0412

5月11(日)には、東京から本展覧会へ大型バスで向かうバス・ツアー「『陽光の大地へ、バス・ツアー』 ~群馬県立館林美術館へ、ブラジルの日系人画家たちの作品展を見に行こう! ~」があります。

途中に館林市のすぐ近くの大泉町のレストラン/ショッピング・センターに寄ったり、5月11日(日)のみ、在ブラジルのドキュメンタリー作家・岡村淳が、本展覧会でも作品が展示されているブラジル現代美術の重要画家の大竹富江氏に迫ったドキュメンタリー映画『京 サンパウロ/移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華』を上映するトークイベントがあるなど、内容盛り沢山のバス・ツアーです。

 

バスツアーについて詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/710860762304528/
http://bustournippaku.jimdo.com/


Calendar

2018年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Tupiniquimjpのつぶやき:フォローはこちら。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

現在9人フォロワーがいます。

広告